辻仁成が離婚発表後テレビ初登場7月16日のTwitter驚愕

この記事は2分で読めます

辻仁成が離婚発表後に
テレビ初登場、「櫻井有吉アブナイ夜会」でどうなる・・・

7月16日にTwitteで
単身ツアーを報告する辻仁成の投稿に驚愕!!


スポンサードリンク


 

レーベルから不意にツアーキャンセル申し込まれたのは五月、
チケット発売後でした。チケット買ってくれた人に申し訳ないから、
自腹でやるからライブやらせて、と頼みこみ、自腹ライブで決着。
ローディもマネージャーもなし、たった一人で全国ツアーやります。
応援ください。がんばるよ!

郡山まで楽器運んでくれる人ゲット! 知り合いの旦那さん。
「俺が運ぶ」とワゴン車だしてくれた。ありがたい!
郡山とフジロックは彼に頼むことにした。よし。がんばろ。」

辻仁成のTwitteから引用しました。
マジですか?お金厳しいのか・・・
7月23日の福島・郡山CLUB#9からスタート

世間的にはマイナス評価の感がある
辻仁成だが、彼を知る人物たちからは

男気や、真っ直ぐな彼を語っている。
南果歩や 中山美穂には、最後はよく理解できなかったんでしょうね。


辻仁成(つじ ひとなり、つじ じんせい)

 

作家活動では「ひとなり」
歌手・映画監督の場合は「じんせい」と使い分けている。

1959年10月4日 (54歳)
東京 日野市生まれ

 

⇒   北海道函館西高等学校
~ 成城大学経済学部中退

 

1985年「ECHOES(エコーズ)」のボーカリストとしてデビュー

1989年、『ピアニシモ』で
第13回すばる文学賞を受賞し作家デビュー

ここから、 辻仁成の本格的作家生活が始まる。
小説家としての、彼の評価は非常に高い

1997年、『海峡の光』で第116回芥川賞を受賞

柳美里 「家族シネマ」(『群像』1996年12月号)
辻仁成 「海峡の光」(『新潮』1996年12月号)

の同時受賞だった。

ちなみに、その時の選考委員は
三浦哲郎 田久保英夫 古井由吉 河野多恵子 黒井千次
日野啓三 丸谷才一 石原慎太郎 宮本輝 池澤夏樹。

そして、フランスで最も権威のある文学賞
フェミナ賞の外国小説賞を日本人として初めて受賞している。

これは、凄いことなんですよ。
1904年から、続いている文学賞で

過去の受賞者では、

1905年  ロマン・ロラン「ジャン・クリストフ」
1931年  アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ「夜間飛行」
などがいます・・・まっ、僕が知ってる人はこれくらいですけどね。


スポンサードリンク


 アブナイ夜会

 

辻仁成が離婚発表後テレビ初登場が
櫻井有吉アブナイ夜会でよかったと思う。

櫻井翔と有吉弘行 が絶妙でしょう。

 

櫻井翔(さくらい しょう)
1982年1月25日 (32歳) 東京 港区生まれ。
慶應義塾大学経済学部卒業

あんなに忙しいのに、
きちんと大学を卒業するとは凄いね。

さすが、父は官僚、母は大学教授の息子だ。
でも、櫻井翔は自力で今ある地位を築いたんだよ。
有吉弘行(ありよし ひろいき)
ひろいき・・・父ちゃん間違えて登録しちゃったみたい
父は今でも、ひろゆきって呼んでるとかいないとか?

有吉も絶望から復活したからね。
やっぱり、僕の好きな番組アメトークのお蔭もあるんではないか。

 

そんな2人と辻仁成のトーク
やっぱり面白いでしょう!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。