花の88年生まれ花子とアン、はな朝市醍醐そして蓮子の恋人宮本も

この記事は3分で読めます

花の88年生まれが凄いことになっている

花の88年生まれって聞いたことがありますか?
今、各分野で1988年生まれの人々が活躍してるんです。


スポンサードリンク


 

 

スポーツ界の88年生まれ

 

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大(たなか まさひろ)
1988年11月1日 兵庫県 伊丹市生まれ
駒澤大学附属苫小牧高等学校

 

広島東洋カープの前田健太(まえだ けんた)
1988年4月11日 大阪府 忠岡町生まれ
PL学園高

 

マエケン体操は肩こりにも効く?

試合前や試合途中に行う「マエケン体操」は有名だが、
実は肩こりにも良いとか・・・

気になる方はこちらで確認

⇒   マエケン体操のやり方(動画解説付き)

 

ちなみに息子は、カープのファンです。

 

シャルケ04の
内田篤人(うちだ あつと)
1988年3月27日 静岡県 函南町生まれ
清水東高等学校から鹿島アントラーズを経て

ドイツ・ブンデスリーガのシャルケ04へ

 


スポンサードリンク


 

花の88年生まれ芸能界では

 

大島優子
1988年10月17日 栃木県 壬生町生まれ

 

松坂桃李(まつざか とおり)

1988年10月17日 神奈川県生まれ

2009年「スーパー戦隊シリーズ」第33作『侍戦隊シンケンジャー』
シンケンレッド役で俳優デビュー

 

黒木メイサ
1988年5月28日 沖縄県 名護市生まれ
母親は日本人で父親はブラジル系アメリカ人のハーフ

夫は元KAT-TUNの赤西仁
(2014年2月28日にジャニーズ事務所を退社)
退社って…社員だったんですか?

 

東出昌大(ひがしで まさひろ)
1988年2月1日 埼玉県生まれ

埼玉県立朝霞高等学校出身で
剣道が特技で、腕前は3段の持ち主。

「あまちゃん」では若き日の大吉 役
そして、「ごちそうさん」では 西門悠太郎 役

撮影開始1か月前に大阪市へ引っ越し、役作りのため
天満天神繁昌亭と、向かいの喫茶ケルンでバイトをしてた。

喫茶ケルンは、カレーライスが美味しいと評判
東出昌大も食べたらしいぞ。

 


 

花子とアンは花の88年生まれでいっぱい!

 

主演の、吉高由里子(よしたか ゆりこ)
1988年7月22日 東京生まれ

 

⇒   ”芸術家”としてみた『吉高由里子』の撮った写真!

 

窪田正孝(くぼた まさたか)

はなの幼なじみ、朝市役。

1988年8月6日 神奈川県生まれ
⇒   神奈川県立神奈川工業高等学校機械科卒業

 

 

アメトーク 農業高校芸人VS工業高校芸人に出てほしかったな

 

醍醐役の高梨臨(たかなし りん)
1988年12月17日千葉県船橋市生まれ

 

⇒   千葉県立松戸国際高等学校出身

 

将棋は初段の腕前!得意なのは「矢倉の棒銀」とか

HAMU2LOVE

『オリーブの林をぬけて』で有名な、
イランのアッバス・キアロスタミ監督の作品の

映画『ライク・サムワン・イン・ラブ』に主演してました。

シネマトゥデイ

 


 

仲間由紀恵演じる蓮子の“若き恋人”宮本龍一役の中島歩も

中島歩は明治の小説家「国木田独歩」の玄孫だとか・・・
ぼくも、岩波文庫で2冊もってるんでとても興味がある。

「牛肉と馬鈴薯」と「号外・少年の悲哀」
文庫で薄いんで、読みやすいです。

中島歩(なかじま あゆむ)
名前の「歩」は筆名「独歩」にちなんでいるとか。

1988年10月7日宮城県生まれ
日本大学藝術学部文芸学科卒

やっぱり国木田独歩の影響でしょうか?

美輪明宏主演の舞台『黒蜥蜴』オーディションで
雨宮潤一役に選ばれ俳優デビュー。

美輪明宏のお気に入りだそう。
これから、注目の役者でしょう。


 

そんなわけで、花の88年生まれ
少しだけ、わかっていただけたでしょうか?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。