Nのためにの柴本幸は全日本リコーダーコンテスト金賞の慶応女子?

この記事は2分で読めます

N”をイニシャルに持つ登場人物たちが、

セレブ夫妻が殺害された事件に巻き込まれていく純愛ミステリー・・・

TBS10月金曜ドラマ『Nのために』は湊かなえの純愛ミステリーで、

ヒロインは榮倉奈々だが、あえて柴本幸に注目です!


スポンサードリンク


 

柴本幸は役者一家にうまれた

身長170cmの柴本幸(しばもとゆき)は、

父親を柴俊夫、母親に真野響子をもつ役者一家です。

g2006061701shiba

若いころの真野響子は、男勝りで

弟が悪さをすると、ビンタをしたそうです。

(昔、テレビでご本人がいってた)

 

さすがに、娘の柴本幸には手を挙げなかったでしょうが・・・

チョット、厳しそうですよね。

 

実際、柴本幸は幼少の頃から女優に興味があったようですが、

ご両親は許さなかったみたいです。

 

柴本幸は幼稚舎から大学までの16年間を

慶應義塾の一貫教育でした。

a0146493_21375956

慶應義塾三田キャンパス

 

特技は、英会話とリコーダーで

特にリコーダーは、本格的です。

yamaha_rikodaer

慶応の女子高等学校2年には、

2000年『第21回全日本リコーダーコンテスト高校生独奏の部』で金賞!

kr7a4300000085hx

そして2001年の『平成12年度慶應義塾塾長賞』も受賞しました。

 

リコーダーって、なじみのある楽器ですけど・・・

なかなか、奥深いんですよ。

 

リコーダー楽器紹介の動画を観てみましょうか。

有名な ホルスト「木星」よりでした。

いろんな種類があるんですね。

 

グスターヴ・ホルスト( 1874年 – 1934年)は、イギリスを代表する作曲家

esosacd40_2

木星は、管弦楽のために書かれた『惑星』(The Planets)の中の1曲。

初演は1920年10月で、発表した当時はあんまり反響はなかったみたい。

40年後指揮者カラヤンが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会で

組曲「惑星」を紹介したことで、突如として有名になったんです!

images (2)

クラッシック愛好家以外には、

平原綾香のJupiter( ジュピター)で耳馴染みな人も多いかと・・・

これは、ホルスト「木星」に、吉元由美が詩を付けたものです。

壮大でしたね。

 

ちなみになんですが、 『惑星』は

天文学ではなく占星術から着想を得たそうです。

 


スポンサードリンク


 

モロ 師岡と浅草

 

ドラマ『Nのために』は、なかなか多様ななキャスティングでが、

ぼくが気になるのは、もう一人・・・

 

モロ 師岡です。

「もろ もろおか」って読むんですね。

 

1959年2月20日千葉県八街市出身で、

俳優で「コメディアン」

 

ドラマや映画ではよく見かけますが、

コメディアンとは知りませんでした。

 

夫人はコメディエンヌで女優の楠美津香

moromitsuka_120730_604

モロ 師岡は、大学在学中の1978年、新劇系の劇団に入ったが、

ボクが芝居をするとお客さんが笑う

ため、コメディアンに転向・・・

 

しかし1996年、北野武監督作品『キッズ・リターン』で高い評価を得てからは、

映画やドラマに出演する。

 

近年は、浅草東洋館を中心にコントや一人芝居をやってます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

味わい深い世界だな~

 


黒柳徹子と文通?

 

湊かなえの純愛ミステリー金曜ドラマ『Nのために』

柴本幸、見るぞ!

438f1431fec04108c64205e1136567eb

ぼくは、「dinner」の本宮恵理子 役が好きでした。

dinner・・・またみたいです。

d1e0aba1

サカナクションの「ミュージック」も大好きでした。

ああ、言い忘れるとこでした。

柴本幸は、黒柳徹子とは、幼い頃から文通し合う間柄だそうです。

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。