立野リカはテニスで全米トップ?いとこは日本代表慶応ボーイ武藤!

この記事は4分で読めます

LA育ちの美人モデル、立野リカ(たつの りか)は、

テニスのジュニア時代に、全米ダブルスで1位だった!

立野リカには、いとこに現役慶大生で

プロ1年目にして、日本代表FWの武藤嘉紀(むとう よしのり)が!


スポンサードリンク


 

現役モデルの立野リカの経歴

が、スゴイことになっている。

立野リカには、いとこでサッカー日本代表の武藤 嘉紀がいることは有名だが・・・

 

彼女自身も、すごいんです!

実は、テニスでプロを目指していたほどの実力の持ち主。

 

おとうさんは、「元プロテニスプレーヤーの立野彰一」

なので、幼少のころから彼女はテニスを本格的にやっていた。

 

立野彰一さんは、早稲田大学3年生の時には、インカレに優勝

(インカレ=全日本学生テニス選手権大会)

 

毎年8月に現在は、有明テニスの森公園で開かれる学生テニスの最高峰

第1回は1928年に開催され、戦争による休止を経て毎年行われている

(女子は1957年より参加)

 

全日本室内選手権ベスト4になり、

2年間のアメリカ修行を後、帰国してプロになったそうです。

 

1988年に現役を引退後は、松坂屋写真商事に入社。

ここは、東京は高輪に本店を構える中古カメラ売買で、日本一の老舗みたい。

 

2年間の店頭接客を経験を経てから、

子会社の「MacカメラUSA」に出向となり、一家揃ってLAに移住・・・

 

立野リカは、この地で育ったんですね。

妹さんもいるみたいです。

 

立野彰一さんの仕事は、ライカやロ-ライのクラシック、コレクターズアイテムのカメラの買い付けで、

全米はもとより、ヨーロッパにも出張してたとか

 

ぼくも、ライカをもってましたけど・・・

特に、そのレンズがいい味だすんですよ。(シャッター音がいい!)

立野彰一さんご自身も相当のカメラ愛好家だったんですかね?

 


 

スポンサードリンク


それはさておき、アメリカの大都市では

会員制のテニスクラブが沢山あるとのこと。

 

日本のゴルフ倶楽部のように、会員であることが、ステータス。

LAにも、全米テニス史上最強のプレーヤージャッククレーマーの

名門テニスクラブ「ジャック クレ-マ- テニスクラブ」があります。

 

ここは、アメリカ国内最高の住宅地として有名な「ローリングヒルズ」

(高級住宅地としてはビバリーヒルズをしのいでいるとかいないとか?)

・・・の中にあるプライベートクラブ。

 

素晴らしい環境で、少女立野リカはテニスをしてたんですね。

  「幼いころクルム伊達公子さんの試合を見て衝撃を。それがきっかけでプロを目指す夢を抱きました」

 

その試合が、サンディエゴで行われた東芝クラシックで、

サンチェスを決勝で破った伊達公子の試合のことなんですね。

 

伊達公子とは、立野一家と親交があるようで、

伊達公子のブログにも、しばしば登場します。

 

最近のでは、こんな画像も

date tatsuno

「なんで、こんなにもフレンドリーな写真なんだろう?」

と思ったんですが・・・納得です。

 

アメリカはLA育ちの立野リカは、ジュニア時代には

全米ダブルスで1位になったことも。

 

シングルスでも、15位までいったとか・・・

当然のようにプロをめざし、大学は特待生でミシガン大学に入りました

 

しかし、怪我などが重なりプロへの道は断念し、

日本へ行きモデルの道に入り現在にいたるのです。

 

なにせ、約178センチの長身でLA育ち、テニスはプロ級・・・

モデルだけだはなく、芸能界もほっとかないでしょう。

 

親戚もすごい!

 

いとこには日本代表のFW武藤 嘉紀がいる。

立野リカ

仲の良い2人ですね。(この画像大好き)

 

1992年7月15日東京都世田谷区生まれの彼は、

慶應義塾大学経済学部の学生でありながら、FC東京所属。

 

サッカーを始めたのは小学校低学年の頃で、

松丘小時代はバディSCに所属で

「10キロ走ってから練習だった」ほどの努力家。

 

中学からは東京Uー15深川に。

憧れは、元アルゼンチン代表のマラドーナだったそう。

 

高校は、慶応高校でいわゆる塾校。

そのまま、大学も慶応へ・・・

 

慶応では、サッカー部とはいわず

ソッカー部と言うんですよ。(諭吉先生がおっしゃったとか?)

 

ちなみに、武藤嘉紀の好きな女性のタイプは、

「チャーミングな人。かわいいしぐさをする人」とか。

 

「オフの日には、リフレッシュを兼ねてよく映画を観に行きます」

アクション系の作品が好きだそうですよ。

 

Twitterをのぞいたら、「永遠の0」を読んでた。

ぼくも読んだんで、親近感です。

永遠の0

 

人と話す事が好きで明るい彼は、

代表チームに、いい影響を与えることでしょう。

 

それにしても、現役慶大生でプロ1年目の日本代表FW武藤嘉紀の

国際親善試合対ベネズエラ戦

 

無得点で折り返した後半から出場。後半6分にドリブルから左足ミドルで先制点。

デビュー2戦目でゴールをマーク、それがアギーレジャパンにとっても第1号のゴール・・・

 

さすが、慶応ワンダーボーイです!!

武藤 嘉紀

 

日本サッカー協会は、日本代表が11月14日にホンジュラス

8日にオーストラリアと対戦すると発表。

 

ハビエル・アギーレ監督(55)は、

「アジア杯に参加する23人がここで決まる」とコメント!

 

慶応のワンダーボーイFW武藤嘉紀(22)の代表生き残りは

次の戦いにかかっているのです!

 

最後に、

素晴らしい環境を用意してくれた父立野彰一さんや、

今1番勢いがあるいとこの武藤嘉紀。

そして、伊達公子・・・

 

 

立野リカはこれらの最高の演出により、

そして彼女自身の努力とパワーにより、すごい人物となることでしょう。


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。