月曜日のユカ?映画マニア斎藤工が好きな女優をついに告白!

この記事は3分で読めます

「月曜日のユカ」に出演していた時の

加賀まりこさんが好き!

さんまは「初恋のきた道」の

チャン・ツィイーが大好き!


スポンサードリンク


いきなりですが、冒頭のやり取りは

2015年4月5日放送の

フジテレビ「さんまのまんま」です。

 

ゲストは、斎藤工です。

斎藤工はお酒が飲めない為、牛乳をオーダーしてたんですが・・・

 

ちなみに、さんまは飲めなかったけれど、

訓練して飲めるようになったといってました。

 

斎藤工は、飲み会でも牛乳を飲んでいるそうで

飲めないけど、酒の席は好きなんですと。

 

訓練して、飲めるようになるもんなんですね?

そういえば、ダウンタウンの2人もそうでした。

 

ぼくなんかは逆に、

あんまり飲めなくなってきましたね。

 

最近は、家では牛乳そうとう飲んでます。

牛乳って、賛否両論あるみたいですね?

 

カンザス大学の研究で、「こんなホンマでっか!?」な情報が

「牛乳を飲んだ後では、脳内のグルタチオンという天然の抗酸化物質の量が増加」?

 

⇒ 牛乳を飲むと、脳の酸化が防げる?

 

最近、否定的な見解が多い中

牛乳ファンのわが家には援護射撃です!


スポンサードリンク


斎藤工の好きな女優を告白

 

「月曜日のユカ」の加賀まりこさんが好きなんですね。

わかりますよ~!

若いころの加賀まりこって、当時の最先端ですから・・・

 

⇒ 元祖日本の小悪魔ガール?キュートな加賀まりこさん

 

加賀 まりこ

1943年12月11日東京都神田区小川町生まれ新宿区神楽坂育ち

江戸っ子です!

小学生で、澁澤龍彦翻訳の「マルキ・ド・サド選集」を愛読したり

ヘップバーンの髪型にするため1人で美容院に行くほどの早熟な子供

だったようです。

 

「月曜日のユカ」に出演していた時の加賀まりこさんが好き!

 

⇒  「月曜日のユカ」予告編 

 

⇒  加賀まりこがかわいい!

 

和製ブリジット・バルドーなどと呼ばれてたんです。

 

⇒  真似したい!今見てもかわいいBB(ブリジット・バルドー)ファッション

 

確かに、似てますよね?

斎藤工の嗜好が分かっちゃいました(笑)

 

さんまは「初恋のきた道」のチャン・ツィイーが大好き

 

⇒  『初恋のきた道』光るチャン・ツィイー

 

チャン・イーモウ監督作品です。

 

 


 

映画マニア斎藤工

 

“今最もセクシーな男”斎藤工

彼は、この称号が嫌だそうです。

その理由が、一発屋の来年消える芸人みたいだから・・・

 

芸人と云えば、

齊藤工の映画にあばれる君が出てました。

 

短編コンペティション したまちコメディ大賞2014の

招待作品で、『バランサー』と題したショートムービーです。

 

齊藤工とあばれる君は友人なんです。


 

あばれる君

 

1986年9月25日福島県東白川郡矢祭町出身

 

⇒  福島県立白河高等学校

 

高校時代は山岳部に所属

インターハイ出場経験あり

本格派です。

 

大学は、駒澤大学の法学部で

教員免許も取得してます(中学:社会、高校:世界史


斎藤工の今イチオシの映画

 

1.「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」

ノルウェーの映画

除雪車で悪党を片っ端から倒していく映画

除雪車の運転手である父親が息子の弔いの戦いに挑むというストーリー

 

2「セッション」

 

⇒  映画『セッション』

 

ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、

彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく

シネマトゥデイ

映画『セッション』本編映像&インタビュー(公式)

 

これは、見たい!


斎藤工が去年監督した短編「半分ノ世界」が

エミー賞にノミネートされた。

 

彼は、ただの映画中毒者「シネマディクト」じゃないんだ。

田辺桃子いいね!

 

大橋トリオの「HONEY」の歌詞にインスパイア


斎藤工とルドルフ・シュタイナー

 

斎藤工は、1981年8月22日東京都出身

ルドルフ・シュタイナーの教育理念を実践する東京シュタイナーシューレ

(現在のシュタイナー学園)の2期生だ。

20090613_526817

ルドルフ・シュタイナー

1861年2月27日 – 1925年3月30日

当時オーストリア帝国の神秘思想家

 

⇒  斎藤工が通ったシュタイナー教育とは

 

小学校でシュタイナー教育を受けるのは、親の意思。

だから教育に熱心な親ばかりでした。

父親がいるのがウチだけだったり、

芸術家の人が多かったり、

変わった学校でした。

当時は、嫌で嫌でしょうがなかった

32歳で映画出演48本!売れっ子役者・斎藤工が語る幼少期~

で語っていました。

あの教育を受けられたこと、

今では本当に感謝しています。

僕には個性も才能もないし、

この仕事に向いてない。

その自覚が僕の原動力ですね

2013年08月23日女性自身より

この仕事に向いてない。

その自覚が僕の原動力ですね・・・

実に含蓄のある言葉ですね。

面白いぞ、斎藤工!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。