野犬に追いかけられていた森田涼花致死率100%って知らないの?

この記事は3分で読めます

22歳になる森田涼花(もりた すずか)が、

3月20日に

DVD「すずらん」を発売したのだが


スポンサードリンク


 

「偶然再会した幼なじみとの一日」

 

昨年12月にサイパンで撮影したもので、

「偶然再会した幼なじみとの一日」

というシチュエーションで構成されている。

幼なじみに会うような、ドキドキ気分で見ていただけたら

とアピールしていた。

 

サイパンは野犬が多くて、

走るシーンは実は犬に追いかけられていました

と、エピソードを披露したのだが・・・

 

ぼくは、魅力的な水着より、

 

サイパンは野犬が多くて、

走るシーンは実は犬に追いかけられていました・・・

ここに、恐怖を覚えたのです!


狂犬病

 

そうです、狂犬病です!

世界中で毎年約5万人が死亡している、

致死率100%の恐ろしい・・・

 

感染エリアは、世界中のほぼ全域。

世界で狂犬病が発生のしていない国と地域は、
オーストラリア、ニュージーランド、日本、フィジー、
キプロス、ハワイ、グアム、アイルランド、イギリス、
ノルウエー、アイスランド の11の国と地域だけ

感染源のほとんどは犬か猫で、

発症した狂犬病の致死率はほぼ100%!

狂犬病はすべての哺乳類に感染することが知られており、

もちろん人も例外ではありません

前述したように主な感染源動物は犬猫だが、

地域ごとに、多少違います。

 

アジア、アフリカは

犬と猫。

 

アメリカ、ヨーロッパは

狐、アライグマ、スカンク、コウモリ、猫、犬。

 

中南米は犬、コウモリ、猫、マングース。

 

世界保健機構(WHO)の推計によると、

世界では年間におおよそ5万5千人の人が亡くなっているそうです。

 

なので、サイパンだって注意しなきゃね。


スポンサードリンク


森田涼花(もりた すずか)についてのあれこれ

 

1992年9月7日京都府京都市山科区出身

中学生の時は吹奏楽部に所属でBOOWYのファン

 

アイドリング!!!出身

 

アイドリング!!!とは

フジテレビ721の『アイドリング!!!』から誕生した女性アイドルグループ

2015 PONYCANYON INC.

 

結成から9年、解散が報じられた・・・

 


侍戦隊シンケンジャー

 

シンケンイエロー・ことはを演じるのが森田涼花

だったんだ・・・

 

侍戦隊シンケンジャー は

2009年2月15日から2010年2月7日までテレ朝でやってた。

息子が幼稚園~小学生のころだったんで

いっしょに見てました。

 

今となっては、凄いメンバーが出てましたね。

松坂桃李や高梨臨なんかも・・・

 

志葉丈瑠役の松坂桃李は

これが本格的なドラマデビューだったんだね。

 

インタビュー松坂桃李・相葉弘樹・高梨臨・鈴木勝吾・森田涼花

 

オープニングテーマは

侍戦隊シンケンジャー / Psychic Lover(サイキックラバー)

作詞:藤林聖子

作曲:YOFFY

編曲:Project.R(大石憲一郎・サイキックラバー)

歌:サイキックラバー (Project.R)

2012/04/16 に公開の動画で曲をきいてみよう


いい曲だと思います。

 


ロケ地のサイパンは野犬が多くて、実は犬に追いかけられていました

 

このエピソードから、インパクトを受け

記事をかいてきましたが・・・

狂犬病には、じゅうぶん注意したいものです。

 

⇒  海外渡航のためのワクチン

 

⇒  狂犬病に関するQ&A

 

上のリンク先は、厚生労働省のHPなので

確認することをお勧めします。

 

日本は、安全な国なのですが・・・

今後は分かりませんね。

世界は狭いですから!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。