帝国劇場で何が?光一SHOCK!ふぉ~ゆ~と宮澤エマは・・・

この記事は4分で読めます

堂本光一 ミュージカル単独主演記録1位達成の

『Endless SHOCK』の公演中

重さ800キロのLEDパネルが倒れた!


スポンサードリンク


帝国劇場で舞台のセット倒れる

 

19日午後4時ごろ

倒れたのは舞台に設置された

高さ7メートル、幅3メートルのLEDパネルで、

出演者とスタッフ合わせて6人が巻き込まれ、

病院に搬送された。

6人は年齢が20代から40代の男性で、

このうち1人が重傷、5人が軽いけが。

LEDパネルは可動式の舞台装置の一部で、

6枚のうちの2枚が突然、倒れた。

セットが倒れたのは19日の

1回目の公演の終盤で、

直ちに公演を中止された。

警視庁、東京消防庁による

 

⇒  帝国劇場へのアクセス

 


過去に起きた舞台での事故

 

⇒  [舞台ネットワーク] 

 

上記を見ると、舞台は危険な場所なんですね。

安全への取り組みはあるんでしょうか?

 


『Endless SHOCK』

堂本光一 ミュージカル単独主演記録1位達成!

 

2000年の初演以来から

14年目での偉業達成なんですが・・・

 

これが凄いんです。

単独主演とはひとりだけでの主演(交代なし)なんですね。
今までは、歌舞伎の松本幸四郎が

 

「ラ・マンチャの男」 での1207回が最高

 

堂本光一はこれを抜いたんです!

 

『Endless SHOCK』を観劇したデヴィ夫人が、

 

ブログ 『デヴィの独り言 独断と偏見』 で感動した様子を綴っている・・・

 

辛口の夫人が褒めるのだから真実味が増しますね。

 

ショックシリーズの脚本、構成、演出は、

ジャニー喜多川でした!

 


スポンサードリンク


堂本光一とは

 

堂本光一(どうもと こういち)

1979年1月1日兵庫県芦屋市出身なんですが・・・

生まれたのは、長野県松本市で

すぐに父親の転勤で千葉県に・・・

 

1982年、千葉県船橋市「西船幼稚園」に入園

再び転勤で「芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園」に転入

1985年、「芦屋市立朝日ヶ丘小学校」に入学

小学校6年生の時、

姉が勝手に郵送した履歴書がジャニーズ入りのキッカケ・・・

1991年、「芦屋市立山手中学校」

中学3年生の時に転校し、上京合宿所へ

この頃合宿所に住んでいたのは剛と長瀬智也、井ノ原快彦だったそうです。

 

1994年、 「東海大学付属望星高等学校」 に進学

 

5年かけて卒業しました。

 

1993年『キスした?SMAP』で

「Kinki Kids」というグループ名が発表されました。

 

2000年、『MILLENNIUM SHOCK』で

帝国劇場最年少座長(当時21歳)に抜擢!

これが、堂本光一と帝劇との出会いでした。

帝国劇場という場所は特別なもの。

意欲の沸く劇場なんです。

堂本光一を形成してくれた場所だなぁと思います

そう、語っています。

 

2008年『Endless SHOCK』が

第33回「菊田一夫演劇大賞」を受賞!

 

菊田一夫演劇賞は

劇作家菊田一夫の功績を記念し、

演劇界の発展のため、

東宝が1975年に創設した日本の演劇賞でして

とても、名誉のある賞なんです。

 

菊田一夫は

日本で初めてブロードウェイ・ミュージカルを上演し(「マイ・フェア・レディ」)

世界で初めて「風と共に去りぬ」を舞台化した人物・・・

と云えば、その凄さが分かるでしょうね。

 

1908年3月1日 神奈川県横浜市生まれ

 

⇒  菊田一夫の肖像

 

生まれてすぐ養子に出され、

生後4ヵ月で台湾に渡ったが、まもなく捨てられ、

転々と他人の手で養育された末、

5歳のとき菊田家の養子になった・・・

 

1973年4月4日糖尿病に脳卒中を併発し、死去。

劇作家の北条秀司は、

菊田ほど仕事の好きな男を私は知らない。

その仕事好きが彼を大成させ、

そして彼を殺した

と語ったそうです。

壮絶な人生でした。

 

これは、堂本光一の

仕事が自分の生活や人生すべてで

「仕事が趣味」「仕事以外の時間はおまけ」

に通じますね!

 


 

帝劇の『Endless SHOCK』出演者

 

屋良朝幸、福田悠太、越岡裕貴、野澤祐樹、岸優太、諸星翔希、岸孝良、

ラフルアー宮澤エマ、石川直、前田美波里らが出演。

 

【遅咲きの29歳ジャニーズアイドル】屋良朝幸に注目

 

⇒  屋良朝幸

 

ふぉ~ゆ~のメンバーからも

 

⇒  これが、ふぉ~ゆ~だ!

 

異色?ラフルアー宮澤エマも

 

⇒  Endless SHOCK – シアターガイド

 

ラフルアー宮澤エマ

 

母方の祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一

父はアメリカ人で元駐日代理大使のクリストファー・ラフルアー

 

1988年11月23日東京都文京区出身

聖心インターナショナルスクールを卒業後

合衆国カリフォルニア州のオクシデンタル大学で宗教学を専攻

 

⇒  オクシデンタル大学

 

第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマも2年間在学していた名門

映画の撮影地として利用されることもある美しい大学です。

 

大学3年の時にはケンブリッジ大学へ留学

 

『宮沢喜一元首相の孫娘で話題に!芸能界デビューから将来の夢、知られざる政治家一家の秘話まで語る!』

 

もともと、演劇とかに興味があったみたいですね。

バラエティー番組にも抵抗がなく、気さくな1面も・・・

DAIGOに、

“孫タレント”としてがんばりましょう」って言ってくれて、

“そんなジャンルあるの?”って不思議だったけど(笑)

だって・・・。

真面目なんですが面白いかたで

ぼくは好きです。

 


 

今回、このような

アクシデントがあり、公演が中止になったことは

とても残念です。

 

是非、復活することを

祈るばかりです。

 

菊田一夫と堂本光一

不思議に重なるものがある・・・

そう思うのは、ぼくだけでしょうか?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。