寺田御子引きこもり12年のグラドルは裁判傍聴にドラマを見た!

この記事は3分で読めます

年間100日以上もアイドル取材を行う

東スポのグラビア担当記者が

今年のブレーク候補を占った!


スポンサードリンク


2015年ブレークするのは?

隠し玉がいました。

 

その名は、寺田御子(てらだ みこ)

初めて聞くひとも多いんでは?

 

メディアへの露出は殆んどないんですが・・・

大手プロダクション、プラチナムの新人なんです。

 

プラチナムといえば、

トリンドル 玲奈、菜々緒、中村 アン、おの ののか・・・

等々が所属する、勢いがある事務所ですもんね。

 

⇒  【株式会社プラチナムプロダクション】


 

寺田御子のプロフィール 

1992年6月 11日岐阜県生まれ
血液型はB型

身長160cm

スリーサイズは、B 88 /W 52 /H 84

趣味は、

読書と裁判傍聴と歯磨き!!


 

小学校から高校を卒業するまで12年間引きこもった?

 

小学校入学直後、“ぶりっ子”といじめの標的になり不登校

最初の数か月は、起きている時間は

ぽーっとして壁を見てました・・・

そんな娘に両親のとった行動は、

無理に学校に行かせるのではなく、

まずは家で生活の改善を図ったそうです。

 

勉強は家庭教師をつけることでカバーし、

課題提出や夏休み中の誰もいない学校に行くことで

義務教育をやり過ごしたそうです。

 

ひきこもりの対策として有効なのは、

速やかな行動着手と、あせらないで見守ること

 

⇒   誰もが知りたがる「対策」の危険?

 

運動不足を心配して、

ルームランナーや卓球台を用意

一人で壁打ちしていました

高校2年の時、人前に出るリハビリにと、

母の勧めで、読者モデルを始めた・・・

 

この読者モデルをきっかけに

大学に入り、芸能活動も続け、

 

地元の「FM岐阜」でパーソナリティーをやるまでに!

(2012年~2013年)

 

素晴らしいですね。


スポンサードリンク


 

大学卒業後も地元でタレント活動を続け、

講談社が主催する

女性アイドルオーディション「ミスiD」にも自分で応募しました。

 

それキッカケで、株式会社プラチナムプロダクションに所属

現在に至っています。

 

⇒ 「ゲンセキ10!!」PR動画


 

裁判傍聴が好き?

 

先に、プロフィールの趣味に

裁判傍聴とありましたが・・・

 

zakzakで、

裁判傍聴が好き!寺田御子「錯綜した男女関係は小説のよう」

 

そんな、記事を発見しました。

意識的に選ぶのは女性の被告人とのことで・・・

 

激高したり、泣いたりと感情の起伏が激しく、

いわゆるドラマで見るような裁判を傍聴することもあります。

まさに“事実は小説よりも奇なり”で、

錯綜した男女関係の一部始終は小説のようです

う~ん、面白い感性です。

 

⇒  裁判傍聴が好き!寺田御子「錯綜した男女関係は小説のよう」

 

裁判傍聴が趣味の芸能人

 

真っ先に思い浮かぶのが、

阿曽山大噴火(あそざんだいふんか)

 

大川興業所属の芸人で、

1974年(昭和49年)9月27日山形県山形市出身

千代田工科芸術専門学校卒業

 

本名は阿曽 道昭(あそ みちあき)

くれぐれも「阿蘇山大噴火」ではないんで宜しくです!

(ぼくも、そう思ってました・・・)

 

父は山形県警の警察官らしいですね。

テレビやラジオの仕事は

「裁判ウォッチャー」の仕事がほとんどなんで、

趣味のレヴェルを超えてますね。

 

千原ジュニアも?

 

大阪時代は裁判所でよくデートしていたらしいです。

若手の頃、彼女を傍聴に連れて行くと、

どんなに乗り気でなかった女性も

『次はいつ?』と言ってくる、

裁判所はタダで楽しめる最高のデートスポット

 

⇒  裁判傍聴っておもしろい!?

 

⇒  見学・傍聴案内

 


 写真プロデューサー 岩田照雄

 

大手プロダクション、プラチナムの新人で清楚で綺麗なお姉さん系
寺田御子(てらだ みこ)を撮影。
オジサン系グラビアで勝負したら当たるのでは。テーマ=寸止めとか。

 

写真プロデューサー 岩田照雄はそう語る・・・

 

⇒  イワタブログ

 

ARTイワタ 責任者でもある、岩田照雄

 

⇒  ARTイワタ


 

寺田御子(てらだ みこ)現代版「ラプンツェル」?

現代版「ラプンツェル」12年間引きこもった美女は

ちなみに、「ラプンツェル」はグリム童話 です。

『グリム童話』は、19世紀ドイツの言語学者・文献学者・民話収集家・文学者である、

グリム兄弟が編集した本なんですね。

05071912

 

⇒  グリム童話「ラプンツェル」

 

まあ、内容は全然違いますけどね。

寺田御子には、素晴らしい家族がいたし・・・

 

しかし、掴みとしてはオッケー!

ですか?

 

とにかく、寺田御子

2015年ブレーク間違いなし!

で、どうでしょう?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。