特技はなぎなた!ミヤネ屋アシ交代の林マオアナ豊中高校で何が?

この記事は3分で読めます

読売テレビの

アナウンサーになったと知ったときは

衝撃でした・・・


スポンサードリンク


 

「情報ライブ ミヤネ屋」の宮根誠司は、

2011年4月より4年間アシスタントを務めてきた川田アナが

番組を卒業してフリーになることに伴い

新司会に抜擢された

読売テレビの林マオアナウンサーの感想を

『おはよう朝日です』を担当していたとき、

彼女が大学生でリポーターをやっていた

縁があるんです。

のちに彼女が読売テレビの

アナウンサーになったと知ったときは衝撃でした。

それぐらい当時のリポートは

むちゃくちゃで・・・

なんて、コメントをしてましたが、

上手に育ててもらって、

いまはしっかりニュースも上手に読めるようになったなぁ

とフォローも忘れませんでした。


 

林マオアナウンサーのプロフィール

 

林マオ

1984年10月4日大阪府豊中市出身

身長166cm

小学生から大阪を中心にタレント活動

テレビドラマやCM、舞台など多方面に出演していた

高校は、

 

⇒  大阪府立豊中高等学校

 

 

卒業生の有名人には、

NHKスペシャル「映像の世紀」の

テーマ曲『パリは燃えているか 』で有名な

作曲家でピアニストの

加古 隆(かこ たかし)がいます。

Takashi Kako Official Site

 

これは、いい曲だなあ~

NHKスペシャル「映像の世紀」にピッタリでした!

 

1947年1月31日大阪府豊中市出身

東京藝術大学作曲科卒、同大学大学院修了後

パリ国立高等音楽院を卒業している。

 

⇒  パリ国立高等音楽院

 


スポンサードリンク


大阪府立豊中高等学校卒業生で

個人的にへえ~と思ったのが

漫画家 の辰巳ヨシヒロでした。

(1935年6月10日大阪市天王寺区出身)

ぼくが、高校生のころ読んでましたから・・・

 

⇒  辰巳ヨシヒロ公式HP「辰巳ヨシヒロの劇画世界」

 


大阪府立大学卒業

 

⇒  大阪府立大学

 

大学時代はアルペンスキー部に所属

 

⇒  大阪府立大学スキー部

 

本格的です!

 

大阪府立大学時代に、『おはよう朝日です』の

リポーターをやっていたんですね。

充実した学生生活だったみたいです。

 

2008年にタレント活動を辞め、

読売テレビへアナウンサーとして入社

 

2010年8月に

同期の報道記者(29)と結婚


特技はなぎなた

 

薙刀(なぎなた)って

あんまり、馴染みがないんですけど

平成27年度 近畿総体では

林アナが応援メッセージを送っていますね。

林マオアナ、なぎなた界では有名人?なんですかね・・・

 

なぎなた、調べてたら

面白い映像が見つかりましたんで紹介します。

小城ばんたーねっとTVおぎゅっとより~

 

「牛津高校なぎなた部」と「桜武館」の試合でした。

 

大会、講習会の情報、服装・防具や競技について

もっと知りたい方は

 

⇒  全日本なぎなた連盟

 

こうしてみると、

読売テレビの林マオアナウンサーは

活発なスポーツ少女だったんですね。


2011年4月より4年間

アシスタントを務めてきた川田アナは・・・

 

降板するにあたって、林アナについて

彼女は私の1つ下で2年後輩。

一児のお母さんでもあるので、

お母さん目線の会話もできますし、

とにかく底抜けに明るいのがいい・・・

と、評してます。

 

確かに、経歴を駆け足で見てきただけでも

林アナのポテンシャルの高さが

分かつていただけだと思います。

 

座右の銘は

「失敗は成功の元」

口癖は

「なるほどなるほど」

旧知の宮根との掛け合いが楽しみであります。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。