ダレノガレ意図的に編集?『水曜日のダウンタウン』にショック!

この記事は3分で読めます

『水曜日のダウンタウン』は
「タメ口ハーフ 年下にタメ口きかれても 怒る訳にいかない」

の仮説の検証

今回も実に興味深いテーマだったが・・・


スポンサードリンク


水曜日のダウンタウン 仮説の検証

 

チョット、日テレ「月曜から夜ふかし」と

かぶり気味なんですが・・・

まあ、わが家はどっちも好きです。

 

今回のテーマが、

「タメ口ハーフ 年下にタメ口きかれても 怒る訳にいかない」

それで、3人のハーフ芸能人が登場・・・

 

水沢アリー、道端アンジェリカ、ダレノガレ明美

 

それぞれが控室で打ち合わせの際に、

年下のADからタメ口や名前を呼び捨てされても怒らないのか、

隠しカメラで撮影したシーン・・・

 

道端は多少の違和感を覚えつつも

怒ることはなかった。

 

水沢アリーなどは、ADと意気投合し大はしゃぎの体で

Twitterなどでは、好感度アップのツイート多数!

1990年9月3日東京都杉並区出身

曾祖父がドイツ人で

5歳半までフランスのリヨンで過ごしたとか?

(詳しい経歴恐ろしいほど不明、本人の証言のみで裏付けなし)

 

すごいお金持ちの家庭に生まれたなーって思ってたんだけど、

途中から納豆くらいしか出てこなくなっちゃって。

それで、「お金を稼ぎたい」と思って芸能界入りしたそうです。

「水沢アリー」は自分で考えた芸名で

苗字は、「水」が付くと縁起が良い

名前は、

小さい時からアリが大好きなの。

女王アリのために働いたり、頑張り屋じゃない?

そういうところが大好きなの。

私もお休みがないくらい、

アリみたいに働きたいって思ってるの

面白い感覚ですね。


スポンサードリンク


最後に登場したのが、ダレノガレ明美

 

まずは、プロフィールから

ダレノガレ明美

1990年7月16日ブラジル・サンパウロで生まれ

父親は日本人とブラジル人のハーフ

母親はイタリア人

 

1歳のときに日本へ移住

神奈川県横浜市瀬谷区で育つ

 

⇒ 立花学園高等学校 卒業

 

2012年「JJ」でモデルデビュー

 

⇒ 光文社月刊JJの公式ウェブサイト

 


先の2人は、キレることなく終了。

そしてダレノガレの番

ダレノガレは、ADに対して最初から冷やかだったが

 

やがて、ダレノガレは、ADに

「タメ語はやめな~、怒られるよ~」

ADが「ダレノガレって、タメ語じゃん、みんなに」

「私は空気を読んでるけど、・・・空気読んでないじゃん」

 

テレビでみてたけど、この時正直ぼくも

ダレノガレって、勝手だな!

そう思っちゃいましたね。

 


意図的に編集された?

 

この時のことを、ツイッターで反論しました。

いろいろカットされて変なとこを使われていてびっくりしました!

私はタメ語を話したあとはちゃんと謝りにいきますし、

プライベートでは敬語です!

さらに、

私に対してタメ口をキレたんじゃなくて、

ADさんがプロデューサーにタメ口使っていたから

それに対して怒ったのに

私に使ってキレてるみたいになってる

詰りは、作為的な編集のせいなんだと・・・

 

まあ、バラエティー番組なんで

面白おかしくすることは、多少なりあるんでしょう?

そこは、芸人だったら美味しいと思うんでしょうね。


毒舌キャラ後悔!

バラエティ番組「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)で

小堺一機に

「どういうキャラにしたいの?」

と問われ、

「アナウンサー系?」

なんて、答えてましたけど・・・

 

滝川クリステルになりたいの?

 

毒舌キャラを後悔してるんだね。

でもね、逆に「本当はいい人」効果もでてますよ。

 

次の動画なんか、

素のダレノガレ明美が出ていてイイ感じです。

女性向けニュースサイト「モデルプレス」を運営する

ネットネイティブ本社にて行われた

「モデルプレス2015年度新卒採用 説明会」

 

ゲストとして登場 した時の映像でした。

 


 

 キャラ設定と崩壊

 

事務所が、タレントを売り出して行く時は

キャラクター設定が大事なんでしょうけど・・・

もっと大事なのが、次の展開でしょうね。

デビ夫人などを見てると、そんな風に思います。

 

『水曜日のダウンタウン』騒動

これ以降、この騒動を契機に

ダレノガレ明美がどんな風に成長するのか

楽しみでもあります。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。