ウヒョッ!東京都北区赤羽山田孝之涙目崩壊と再生のドキュメント

この記事は3分で読めます

山田孝之涙目・・・ってなんで?

崩壊と再生のドキュメント?

何があった注目の俳優が赤羽で

「赤羽の人たちをなめてねえか?」


スポンサードリンク


 山田孝之の東京都北区赤羽

 

これが、何とも不思議な番組なんですよ。

「俳優・山田孝之の崩壊と再生をつづるドキュメンタリードラマ」

らしいんですが、結構リアルなんですね。

 

悩んでいた俳優の山田孝之が、

赤羽に行けば見失った本来の自分を取り戻せると信じて

映画監督の山下敦弘を呼び出し、赤羽へ行くんです。

 

そんで赤羽で山田孝之の歓迎会?があったんですが

地元の人間に、

「赤羽の人たちをなめてねえか?」

みたいなこと言われて、山田が涙目になっちゃうシーン・・・

 

「お前にその気があるんだったら、普通に生活すれば素直になるんだよ!」

リアルなんですよ。


元々は、このドキュメンタリードラマは、

東京都北区赤羽に実在する人々を描いた漫画

「ウヒョッ!東京都北区赤羽」が下敷きになってるんです。


 

「ウヒョッ!東京都北区赤羽」

 

これは、清野とおるの作品で

赤羽では『ONE PIECE』より売れている大ヒット作!

らしいんですが・・・

「全て実話です! 」何だとか?

 

清野とおる(せいの とおる)

1980年3月24日東京都板橋区出身

東京都北区赤羽在住

 

1998年に『ヤングマガジン増刊赤BUTA』「アニキの季節」でデビュー

当人は自身のブログでいわく

俺はヤンマガで『アニキの季節』という糞漫画でデビューした。

 

しかし、2003年冬に

「連載を失って実家にいるのが、いたたまれなくなった」

そんで、板橋区から隣町の北区赤羽に引越し、

一人暮らしを始めたそうです。

 

嗚呼、わかるなあ~その気持ち!


スポンサードリンク


その赤羽で出会った人たちや、

体験した出来事が、「ウヒョッ!東京都北区赤羽」になったんだから

運命は不思議なもんですね。

 

しかし、こんなインタビュー記事も

 

⇒ 赤羽のこと、これ以上知りすぎるのが怖いんです・・・

 

この中で、

「マンガにも出てくる人々、変な人やモノに出会い始めたのは、

赤羽に住んでからのことなんですか?」

の質問に・・・

僕も最初は「赤羽だけかな」と思ったんですけど、

他の街でもやっぱり同じことが起こるんですよね。

『清野とおるのデス散歩』(白泉社)というマンガを今度出版するんですが、

こちらでは他の街も訪ねているんですけど、やっぱり変なものに遭遇してしまうんです。

でも、これも同じで、自分から変なモノを探そうと思うとダメなんですよ。

と、答えてます。

 

冷媒体質みたいなもんですかね?

引き寄せちゃうみたいな!

 

だとすれば、『 清野とおるのデス散歩』も

読みたいですね。

 

⇒ 清野とおるが奇人との交友録語る


 

aikoのツアーパンフレットにマンガを描き下ろす

 

それで、企画でaikoと赤羽散策をしたというエピソードも!

知らなかったなあ~

aikoも読んだんですかね?

 

aiko(あいこ)

1975年11月22日大阪府吹田市出身

 

⇒ 大阪府立東淀川高等学校卒業

 

⇒ 大阪音楽大学短期大学部卒業

 

大正4年創立で関西唯一の音楽単科大学です。

 


 

清野のブログ

 

『山田孝之の東京都北区赤羽』書かれてます。

 

⇒ 清野のブログ

 

深く関わった身ですが、とんでもない番組です。
まさかこんなモノが世に出るとは、人生何が起きるかわかりません。

 


山田孝之の東京都北区赤羽と二人の監督

 

監督 松江哲明(まつえ てつあき)

1977年東京都立川市出身

東京都北区に在住

SAWADA(2013年)

これは、松江哲明の初劇映画で

一周忌に集まった8人の1夜を

6台のカメラが同時に記録した

フィクションだがドキュメントでもある作品。

 

監督 山下敦弘(やました のぶひろ)

 

1976年8月29日愛知県半田市出身

 

⇒ 愛知県立半田高等学校 から

 

⇒ 大阪芸術大学芸術学部映像学科 卒業

 

超能力研究部の3人(2014年12月6日全国公開)

乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未が

映画で初めて主演した。

映画のストーリーとメイキングが

ドキュメンタリー風に混在した作品。

 

どうですか?

二人の監督と山田孝之の『山田孝之の東京都北区赤羽』・・・

深いです。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。