杏の北陸新幹線CM曲はパリ音楽院を首席で卒業したすごい女性

この記事は3分で読めます

「北陸新幹線のCMがカッコイイ!」って

ホリエモンがいってました。

映像もいいですけどね。

CMに使われてる曲が、とっても素敵なんです。


スポンサードリンク


わが家の小学生の息子も、

大好きなんですよ。

 

それで誰が作った曲だか、興味が湧いたんです。

いろいろ調べたら、実に興味深い方だったんですね。

 

まずは、映像を見てください。

 

⇒ 杏 CM JR東日本 行きたかった、あの日本へ 「富山」「石川」「福井」

 

まあ、行きたくなりますワ!

 

あのホリエモンも、

「北陸新幹線のCMがカッコイイ!」と、 ホリエモンドットコムで

何故にJRの新幹線のCMはこんなに感動作が多いんだろうか?

優秀なクリエイティブスタッフがついてしまうんだろうか。

って、絶賛してましたモン!

 


北陸新幹線CMで流れている曲

 

これは世武裕子 が作った曲なんです。

「せぶひろこ」と読みます。

この方です。

kodomo

世武裕子は、滋賀県出身で京都育ち

2002年パリ・エコール・ノルマル音楽院映画音楽作曲科に入学

 

この学校、卒業するのはかなり難しいらしいんですが・・・

なんと、05年に首席で卒業してます。

 

フランスの私立音楽院としては、

現在唯一の、音楽実践における高等教育機関なんだそうですね。

 

⇒ パリ エコール・ノルマル音楽院 

 


 

そういえば、ギタリストの村治佳織も

1997年エコールノルマル音楽院へ留学してました。

むらじ かおり

村治佳織(むらじ かおり)

1978年4月14日東京都台東区出身

 

⇒ 女子聖学院中学校・高等学校  を卒業

 

舌腫瘍治療のため休養中だった村治だが、約1年ぶりにステージに

吉永小百合が初めてプロデュースを手掛けた

映画『ふしぎな岬の物語』のジャパンプレミアが東京国際フォーラムでのこと

メインテーマを担当するギタリストの村治佳織が

演奏と挨拶をした。

よかったですね。

個人的に心配してましたので・・・

 

⇒ 村治佳織オフィシャルHP


 

世武裕子

 

音楽院映画音楽作曲科時代は、作曲家ガブリエル・ヤレドに師事

この人も映画音楽界ではスゴイ方なんですよ。

 

ガブリエル・ヤレド(Gabriel Yared)

1949年10月7日レバノン・ベイルート出身のフランスの作曲家

ガブリエル・ヤレド2

彼の映画音楽デビューは、

ジャン=リュック・ゴダール監督の

勝手に逃げろ/人生 Sauve qui peut (la vie) (1979年)でした。

2010年には、ヨーロッパ映画賞で「世界的貢献賞」を授与されています。

 

グザヴィエ・ドランが

「世界一の映画音楽作曲家に」とG.ヤレドに依頼したサントラ・・・

 

⇒ 映画『トム・アット・ザ・ファーム』より

 

世武裕子、たいへんな人に教わったものですね!


スポンサードリンク


 

2008年に『おうちはどこ?』でデビュー

 

⇒  デビュー・アルバム『おうちはどこ?』

 

幼少の頃よりプーランク、ストラヴィンスキー、民俗音楽などを好んで聴き

5歳で作曲をしたとか・・・

早熟の天才なんでしょうか?

 

⇒  世武裕子インタビュー

 

「アデュー世界戦争」2012.06.06

 

「Google Chrome」のCM出演で世界的な注目!

 

世武裕子、「Google Chrome」CM曲が待望のフル音源化!

 

⇒ 「Good Morning World!」メイキング映像

 

おぼえていましたか?

 

映画音楽作曲家を目指した、世武裕子

どうか、師匠のガブリエル・ヤレドのように

世界的な映画音楽家になってください!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NOBUの自己紹介

NOBUです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 1960年、茨城県は土浦市に誕生しました。 面倒くさいことや、予定が苦手で 休日はたいてい家でゴロゴロしてテレビをみてます。 好きな番組は、「孤独のグルメ」「サラメシ」「深夜食堂」など・・・ 結果、食べ物大好きな親父です。 子供時代は「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」なんかの チョイ暗めの作品をよくみてました。 本や、音楽も好きですよ。 北杜夫とジョン・レノンとブラームスは今でもお気に入りです。 この「ぼくのテレビデイズ」では、ぼくの視点から 大好きなテレビのあれこれを、語っていきたいと思います。 時には脱線した話題も書きたいと思います。 それではみなさん、どうぞ宜しくお願いいたします。